仙台市の歯科医院。インプラント専門医、小児歯科認定医による専門的な診療を行います。
 
なかくらデンタルクリニック
インプラント
ご存知ですか?インプラント治療
  インプラント治療とは、歯がなくなった歯根にあたる部分に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療法です。
あごの骨にしっかりと固定されるインプラント治療なら、これまでの治療法と異なり、健康な歯に負担をかけずに、まるで自分の歯を取り戻せたような日常生活を送ることができるようになります。
  インプラント


従来の治療法
  「虫歯」「歯肉の病気」「アクシデント」などで歯を失ってしまった場合、従来の治療法として下記の治療法がありますが、いずれも健康な歯に負担をかけるなどの欠点があります。

ブリッジ  
ブリッジ
違和感は少ないですが、健康な歯に負担をかけてしまう弱みがあります。
削る必要のない健康な歯を削る 歯が抜けた部分の顎骨が次第にやせる
支える健康な歯の負担が増える 骨がやせると歯並びに影響する


  入れ歯  
入れ歯
健康な歯を削る必要はないものの、食事面や見た目にも課題があります。

硬いものや粘りのある食物に苦労
臭いや汚れなど手入れが大変
異物感、違和感、痛みを感じる 留め金などで審美性に欠ける
味覚が変わる  


インプラント治療の流れ
  検査、術前計画 インプラント植立手術 人工の歯の取り付け メンテナンス  
  まず、レントゲンやCTで十分な診断を行い、治療の計画について十分な説明をします。 患者さんが納得した上で治療を選択します。   歯が抜けたところへインプラントを植立した後、あごの骨にしっかりと固定されるまで1~2ヵ月待ちます。   インプラントによるしっかりとした土台ができたら、人工の歯を上にかぶせます。   インプラント治療後は、アフターケアとして正しいブラッシングを行うとともに、半年に一度は定期検診を受けてください。  


インプラント治療をお考えの方へ
 

インプラント治療に対して「本当に噛めるの?」「誰でも受けられるの?」「手術は痛いの?」「費用は高くないの?」などのご心配があるかと思います。疑問・質問など当医院にお気軽にご相談ください。
日本先進インプラント学会認定医である当医院長が患者様への最善方法をご提案させていただきます。


  咀嚼能力実験
  咀嚼能力グラフ   部分床義歯(片側有利端義歯)は天然歯に比べて、1/2~2/3の咀嚼能力しかないが、インプラントで補綴することにより、ほぼ天然歯に匹敵する咀嚼能力を回復できる。

出典:インプラントジャーナル2004No.24
東京医科歯科大学客員臨床教授
歯学博士 田中收、1999

天然歯とほぼ同じような咀嚼能力が実験で確認されています。

 

院長ご挨拶 医院紹介 診療案内 設備紹介 インプラント アクセス  
Copyright © 2015 Miyaginodoriekimae Dental Clinic All rights reserved